ほとんどジェルネイルが定番

最近では若い方を中心に多くの方がジェルネイルを施しており、ほとんどのネイルサロンでもジェルネイルが定番とされています。

ジェルネイルとは、専用のUVライトで固まる光硬化樹脂のとろみのあるジェルを使用して人口爪を作ったり、自爪の補強を行ったりする事を言います。ジェルネイルの人気の秘訣は、何と言っても持ちが良いといったところではないでしょうか。

ジェルネイルは自爪との密着力が強い為その分長持ちしますので、ジェルネイルを付け始めてから2週間から4週間は持つと言われています。ですので頻繁にネイルサロンへ通わなくてもよいので、お忙しい方にとっても好都合ですし、経済的にもお財布に優しいですので、多くの方々にジェルネイルが受け入れられているのかもしれません。

その他にもジェルネイルの魅力を挙げますと、非常に透明度が高いと言う事が言えます。ですので仕上がった際に、トップコートを爪に塗布した時以上のツヤツヤな仕上がりが期待でき、時間がたっても艶感が衰える事なく持続するというところも非常に大きな魅力となっています。

またジェルネイルは乾きが早い為、アクリルネイルに比べると短時間で施術を行う事が出来ます。更には、アクリルネイルに比べて製品の匂いがあまりありませんので、臭いを気にする方にとってもジェルネイルはお勧めかもしれません。ジェルネイルには大きく分けて「ハードジェル」と「ソフトジェル」という二つの種類に分けられています。

ジェルネイルでよくお聞きする(カルジェル)や(バイオジェル)というのはブランドの名称でそれらは「ソフトジェル」の一種となります。

「ハードジェル」は、強度がある為、自爪に長さを足したい方(スカルプチュアまたはオーバーレイ)などの際に、最適とされているジェルネイルとなっています。

除去(オフ)する際、ハードジェルはアセトンでは溶けませんので、そのまま削っての除去方法となります。

「ソフトジェル」は、柔軟性があり比較的爪に優しいとされておりますので、自爪が弱く折れたり割れやすいと言う方や、二枚爪になりやすいという方にとっては、自爪を補強または保護しながらネイルを楽しむ事ができるのに最適なネイルとされています。

除去(オフ)する際、ソフトジェルはアセトンで溶かす事が出来ますので、アセトンを浸透させ柔らかくしてからの除去方法となります。ジェルネイルを大まかに分ければこの二種類に分けられますが、細かく分ければかなり多くの種類のジェルネイルが存在しています。

サロンでジェルネイルを施術する際はきちんとネイリストの方にジェルネイルのメリット、デメリットを、またご自身でジェルネイルを行う方はきちんと製品のメリット、デメリットを確認した上で施術を行うよう心掛けて下さい。