ご自身に合った内容を把握した上で取得

一昔前まで、オシャレは足もとからと言われていました。ですが、現在ではオシャレは指先からと言われているくらい、ネイルアートがオシャレアイテムの一つとして多くの方から注目を集めています。その為、ネイルアートを施すネイルサロンが急激に増えていきました。

ネイルサロンが急増すると言う事は、そこで働くネイリストの方々も多く存在すると言う事になります。ネイリストになる為には必ずしも資格が必要とは限りませんが、ネイルサロンで働きたいとお考えの方にとっては資格を取得していた方が就職に有利とされています。

また、独立をお考えの方にとっても資格を持っていないのと資格を持っている場合とでは、お客様からの信頼度も大きく変わってくるかと思います。ですので、多くの方がネイルの資格を取得したいとお考えのようです。近年では、女性が取得したい資格ランキングでもネイリストは上位にまで上がっています。

そこで今回はネイルの資格について詳しく説明したいと思います。ネイルの資格には「JNEネイリスト技能検定」と「INAネイルスペシャリスト技能検定」の二つの種類が存在しております。

「JNEネイリスト技能検定」とは、”一般財団法人日本ネイリスト検定試験センター”が主催している試験で、最も認知度、信頼度が高い資格とされています。試験は3級、2級、1級とあり、数字が小さくなるにつれて難易度が上がっていきます。受験資格は3級の場合は、義務教育を受けた方であればどなたでも受験資格は可能とされています。

2級を受験する場合は、ネイリスト技能検定3級取得者のみが受験可能とされています。1級を受験する場合は、ネイリスト技能検定2級取得者のみが受験可能とされています。3級に合格すればネイリストとしての基礎を習得する事ができます。

2級に合格すれば、ネイルサロンで働く上でのスキルを習得する事が出来ます。1級に合格すれば、ネイリストとしてはトップレベルとされています技術を習得する事が出来ます。受験の内容は、3級、2級、1級それぞれのレベルに分けられた「筆記試験」と「実技試験」が行われます。

「INAネイルスペシャリスト技能試験」とは、”NPO法人インターナショナル ネイル アソシエーション”が主催する試験で、主にネイルの育成を目的とした資格とされています。試験は「初級(A級)」、「中級/上級(PA/AA/AAA級)」に分けられています。

「初級(A級)」は、理美容専門学生やネイルスクール生の方を対象とされています。「中級/上級(PA/AA/AAA級)」プロフェッショナルを対象とされています。受験資格は「初級(A級)」の場合は、理美容専門学生または、ネイルスクール生の方が受験可能とされています。

「中級/上級(PA/AA/AAA級)」の場合は、ネイリストとして働いている方が受験可能とされています。受験内容は、「初級(A級)」、「中級/上級(PA/AA/AAA級)」それぞれのレベルにわけられた「筆記試験」と「実技試験」が行われます。

「中級/上級(PA/AA/AAA級)」の受験者の多くはプロのネイリストの方がとされており、かなり難易度が高い資格とされています。それだけに合格すれば、ネイリストとしてトップレベルの技術を習得した事が証明されます。

資格内容は様々ですので資格を取得する際は、ご自身に合った内容を把握した上で取得する事をお勧めします。